駒込・巣鴨

「高木」(西巣鴨)

7/24(土)

週末の土曜日、今日はもつ焼きの老舗店、西巣鴨【高木】へ。一年ぶりの訪問です。

大正11年(1921年)創業、90年の歴史をもつ、都内でも有数の古典酒場です。20103_291風格のある暖簾をくぐり、重厚な引き戸を開け入る瞬間には、何だか自然と背筋がぴりっシャンっとします。

【高木】さんは昨年夏、2代目のご主人が他界され、現在は3代目の店主が、お店を営まれています。

斎藤酒場のレジ横常連さん席にて、時々ご一緒する私の酒場友達が、偶然にも今のご主人と学生時代からの親友とのことで、昨夏に続き今回も座席を確保して下さり、ほかに下町飲み仲間も3名集まり楽しい酒宴が始まりました。

最寄駅西巣鴨ではなく、板橋駅から15分の徒歩ルートで来たので、喉もカラカラ、まずはビールで喉を潤します。20103_294

そして【高木】名物の煮込みを貰います。お好みでキザミ玉葱をのせます。

20103_293

しっかり下処理された豚もつが秘伝のスープでじっくり煮込まれ、旨みたっぷり。

続いて、焼き物は、アブラとシロをタレでいただきます。

20103_298

絶妙な焼き加減のモツに、代々注ぎ足された秘伝のタレが絡んで、こちらもゼッピンです。

ビールの次は、何といってもこれ。【高木】名物「牛乳割り」です。50年前に常連さんの要望で始められたメニューらしいです。

20103_300昔懐かしい瓶入りの明治牛乳と、なみなみと注がれた焼酎とをお好みで割ります。

瓶の牛乳、コップの焼酎、ブレンドする為のコップ、全てキンキンに冷えています。「3冷ミルク割り」と名づけましょうか。。

煮込みやモツ焼きを頂きながらの牛乳割りは、本当によくマッチしてコクコクといくらでも入ります。

牛乳の飲み口がマイルドなので、焼酎はほどほどの適量にしないと、酔いが突然来てしまいます。

要注意です。。

メニュー、品書きはこんな感じ。20103_301

昨年他界された先代ご主人のお兄様は、声優の故・高木均さんとのこと。
「ムーミン」パパや「銀河鉄道999」のナレーションで活躍された名優です。

さて、店内はといえば、地元の常連さんでいつの間にやら満席です。20103_303

常連の皆さんは自由に寛ぎつつも、長年の歴史に培われた、このいい意味で張り詰めた空気を、無意識の中で尊重しながら呑まれている印象です。

混雑も一段落して、バイトのお姉さんもちょっとひと息。

20103_307

焼き場です。数十年間注ぎ足しで使い込まれた秘伝のタレのカメです。

20103_310

さてさて、煮込み、焼きとん、牛乳割り、味わい深い店の雰囲気、と良い事ずくめの素敵な時間を過ごせました。

20103_311

それでは、人の好いマスターにご挨拶をして、そろそろお勘定です。

今宵も好い酒です。2軒目は東十条「花ぼっくり」へ向かいましょう。

【花ぼっくり】は既載店なので割愛します・・。

(おわり)

【高木】 西巣鴨駅徒歩7分 板橋駅徒歩15分

東京都北区滝野川7-47-1
03-3916-1750

17:00~22:30(L.O)
日曜・祝日
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13023630/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぶた屋DEとり屋」(駒込)【休業】

4/22(木)

最近、仕事が早めに終わった日は、通勤定期券で途中下車できる街を散策しています。
以前からちょっと気になっている商店街があり、今日は駒込で地下鉄を降りてみました。
駅周辺は、新しいビルが立ち並ぶ無機質な街並みの駒込ですが、本郷通りを5分ほど下ると昭和の赴きをそのまま残す「霜降銀座商店街」があります。

駒込は空襲で街の7割以上の建物を失ったと言われていますが、おそらくこの「通り」は戦火を免れたのでしょう。
昭和30年代の「霜降銀座商店街」です。
  http://www.simofuri.com/retoro30S.html
商店街を回遊してみると、量り売りの八百屋さんなど、昔ながらのお店ばかりです。

商店街で屋台風の小さな焼き鳥屋さんを見つけて入ってみました。
店頭売りがメインで店内は厨房含め8畳ほど、小さなカウンターのみのお店です。
20103_058
20103_057
まずは缶ビール(スーパードライ300円)を奥の冷蔵庫からセルフにて貰い、
感じの良い若いマスターに「牛筋煮込み」(400円)を注文します。

そして、出てくるまでの間、初めてのお店なので、メニュー品書きを確認します。

20103_052
20103_055 う~ん、テイクアウト中心にしては、串ものの値段少し高いかな~、など思案してると、

「牛筋煮込み」が出来上がりました。
20103_054
いや~予備知識ゼロの飛び込みで少しナメてかかってマシタ。。。

『ぜっぴんの旨さです』

澄んだスープに大ぶりでトロトロの牛筋肉がごろごろ、ゴボウ人参など根野菜が程よく。
マスターにあらためて伺うと、仕入れから、下処理、仕込みまで相当に手間をかけている様です。
濃厚な牛の旨みながらスープは冷めても澄んだままで、牛脂が白く固まらないのも驚きでした。下茹でして脂をとばし旨みだけを残すのだそうです。

若い店主は、川越のもつ焼き屋でしっかり修行を積まれ、この店をOPENして今月でちょうど1年との事。

(そこで品書きをよく見ると、東松山発祥「あとづけトッピング」の「辛子みそ」も書いてあります)

検索してみると、ここ【ぶた屋DEとり屋】、あちこちでかなり評判です。
http://twitter.com/aaoau/status/10774067939
食べ損ねましたが、こちらの名物は、とり皮でニンニクを包んで串にさした「皮にんにく」だそうです。
お昼の12時から呑めるとの事、【霜降銀座商店街】そして【ぶた屋DEとり屋】、、これからちょくちょく通ってみたいと思います。

霜降銀座商店街(公式HPより)
Photo このブログを書くにあたり少し調べた所、びっくり、、、
ここ【霜降銀座商店街】は平成17年に第1回東京都商店街グランプリで準グランプリを受賞したそうです。

最近自覚するのは、私の場合、昔ながらの商店街や横丁に惚れて、その周辺の酒場を探索する習性があるみたいです。
OK横丁(赤羽)、十条銀座(十条)、演芸場通り(十条から東十条)、しんみち通り(四ツ谷)などがそうです。

さてさて、飛び込みのお店【ぶた屋DEとり屋】には大満足!
若いマスターに挨拶して再訪を約束。。雨の霜降銀座商店街をあとにします。
20103_060
軽く飲んで帰るつもりが、予期せぬぜっぴん煮込みのせいでエンジンがかかりました。

すぐ近くに、何度か伺った事のある(チェーン系で唯一好きな居酒屋)【加賀屋】があるので、久々に伺ってみることします。

(2軒目加賀屋につづく

【ぶた屋DEとり屋】 駒込駅 北口徒歩5分(霜降銀座商店街入ってすぐ)
東京都北区西ヶ原1-54-1
03-3910-2013         
平日10時~22時
日祝12時~21時          

商店街HPhttp://www.simofuri.com/
商店街情報http://allabout.co.jp/r_house/gc/31334/2/
お店情報http://www.timeout.jp/ja/tokyo/venue/2617

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「加賀屋」(駒込)

(「ぶた屋DEとり屋」からつづき)

4/22(木)その2

さて霜降銀座商店街の焼き鳥屋さんを出て、2軒目は駒込駅方向に本郷通りを徒歩1分

【加賀屋】さん、昨年の暮れ以来の訪問です。

(店舗画像、撮り忘れたのでコチラは拝借ものです)
Photo チェーン居酒屋はあまり行かない私ですが、ここ駒込【加賀屋】は好きで時々伺います。
【加賀屋】ではメニューや仕入れに関する裁量を、ある程度各お店に任されている様で、チェーン店特有のマニュアルめいた物を感じず、お店ごとの味わい(雰囲気も料理も)を楽しめます。

まずはホッピーセット。。つき出しは海老マヨ・キャベツです。

なかなかお値打ちなお通しです(マヨ好きなワタシには)。
20103_061_3

そしてもちろん【加賀屋】の名物、やきとん をもらいます。(肉、でかいです!)
20103_063 ミディアムレアのレバー(たれ)とジューシーなカシラ(塩)、焼きたてを味わい、ホッピーで流し込みます。
お肉のボリュームとプリプリ&ジューシーな新鮮さが、何といっても【加賀屋】の一番のウリなのです。
注文2本単位のしばりはありますが、このクオリティーで2本200円はお値打ちですね。。

焼き物、刺身、揚げ物他、何を選んでも、味、量、プライスのバランスはなかなかです。20103_062_4


 

ホッピーの次はバイスサワーをもらいます。
20103_067 昔懐かしい、コダマサワーのバイス(梅酢)です。

昭和な色合いがいいですね(タマに飲むには)。もちろん飲んで舌に色はつきません(笑)

見た目と違って、梅酢(風?)の酸味と強めの炭酸でスッキリ、もつ焼きによく合います。

野菜も摂らないといけません。海鮮サラダをもらいます。
20103_066 白身、ヒカリものなど、お刺身もたっぷり入っていて結構いい肴になります。

20103_069 店内は7割程度のいい感じの埋まり具合。お店のTVではジャイアンツ戦のナイターを流しています。
ゲーム内容はどうでもいいながら、ぼんやりと眺めつつ、ゆるゆると小一時間をすごします。
好い感じに酔いもまわってきて、そろそろ今宵もお開きです。

職人風の気のいい親爺さんに挨拶をして、雨の本郷通りをゆっくりと歩き、駒込駅に向かいます。

(おわり)

【加賀屋】 駒込駅 北口徒歩5分(本郷通り坂下る)
東京都豊島区駒込 2-7-9
03-3576-1194
17:00~24:00
年中無休 
お店HP http://www.syu-wa.co.jp/kagaya-komagome043.htm
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13072835/

| | コメント (1) | トラックバック (0)