秋津・新秋津

「大漁船」(秋津・新秋津)

3/16(火)

ちょいと用があり「秋津」に来ました。

西武池袋線「秋津駅」と武蔵野線「新秋津駅」の乗り換えは面白いです。ほぼ一直線の普通の道を10分程かけ、乗り換え客がゾロゾロと足並みを揃える様に歩くのです。

その道沿いには、乗り換え客相手の古い居酒屋さんや立飲み屋さんが点在しています。

2年ほど前、偶然見つけて以来、ちょこちょこ通う、抜群に魚の旨い名店、それが、こちら【大漁船】です。

Photo

秋津といえば「野島」をはじめモツ焼き系のお店が多い中、ここは魚が最高です。

鮮度とボリュームが自慢のお店なので、友人F氏にも来てもらい、いろいろと品数を戴くことにします。

103

飲み物は瓶ビール(キリン)からです。

料理は「貝盛り」(800円)と「ホヤ」(450円)をもらいます。
103_2

続いて、そろそろ旬の筍を使った、「筍と白魚の卵とじ」をもらいます。
103_3

サクットした食感の筍と、ぷるんとした白魚とが卵で融合され、よく出来た料理です。

素材を活かした、優しい味付けがまたいい。

103_4

そろそろアテも揃い、
日本酒が欲しく。。

「船底」(480円)
魚に合う、旨い酒です。










ウニもいっちゃいます。

103_5

1



「大漁舟」オリジナル徳利に、

小山酒造のぐい呑みですが、








Photo_2


くるりと反転させると、

小山酒造の徳利に、

大漁舟のぐい呑みに。。

(たっぷり二合で500円)







小山酒造! そうです、「丸眞正宗」を造る、23区内で残されたの唯一の酒蔵、我が酒場のホームグランド赤羽にあります。

この店に伺うのは三ヶ月ぶりですが、その間に徳利とぐい飲みがリニューアルされた様です。

酒は旨いし、肴はキレイで美味しい。103_6珍しく、食欲が覚醒!

103_7ここ【大漁船】は魚問屋さんが経営するだけあって、鮮度の良い魚を安く、ダイナミックに出すお店です。
また、素材の持ち味を活かしつつ、ひと手間かけたオリジナルメニューも充実しています。
もちろん、地酒、焼酎、ホッピーなどお酒のバリエーションもしっかり。
通勤沿線でもなんでもない街、「秋津」ですが、つい通ってしまう誰にも教えたくない飲み屋さんです。

大満足で【大漁船】を後にし、(いつも通り)調子づいてきたので終電までの間、近くの【いなほ】で仕上げ呑みして、40分かかる帰路に着きます。

【いなほ】は、、画像、記憶ともにありません(笑)

(おわり)

【大漁船】  西武池袋線「秋津」駅5分 JR武蔵野線「新秋津駅」3分

東京都東村山市秋津町

5-12-12042-394-2541

食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1328/A132806/13075369/

【いなほ】
東京都東村山市秋津町5-13-17
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1328/A132806/13069249/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)