川口

「京(きょう)」(川口)【閉店しました】

(つづき)

3/5(金) その3

3軒目は、川口の立呑み【京】です。
【野豚】を出て、東十条駅から二駅、川口駅までは京浜東北線であっと言う間です。

L70503411003 11年前まで7年間住んでいた懐かしい街。ずいぶんと夜の「川口駅」、おしゃれな雰囲気になりました。

さて、駅前のデッキを、そごう方向に渡り、そごう正面左の路地を入ればすぐそこに【京】があります。

かつて毎日通勤で歩いた道沿いですが、以前は無かったお店です。

L70503431003 サプライズな立飲み【京】初訪

22時をとっくに過ぎて到着。カウンターには呑み仲間Mさんと、他に常連さんお一人だけです。
表からは、7~8人キャパのカウンターしか見えませんが、奥突き当たりからL字に曲がると広くなっていて、立飲みテーブルでグループさんも呑んでいらっしゃいます。

ずらりと並ぶ手作り「おばんざい」

L70503501003

なんとなんと、こちら【京】では、手作りのお料理が100円、200円の2プライス。

ビール以外のドリンクは殆ど200円均一なのです。

L70503541003_2








品書きの、上の段のお料理は全部200円、下段は100円です。

L70503511003

42944929_2945542327
あれもこれも、チーズオムレツも、揚げたてのトンカツもチキンカツも驚きの全部200円なのです。

(ちなみに満腹なので、これらは他の方の、おつまみです)

焼き物、揚げ物は料理人一筋のマスターが目の前で作るアツアツの出来立てです。

 

まずはホッピーセットをもらい、呑み仲間Mさんがとられた豚の角煮などを、お味見させていただきます。

42944929_570248765( くどい様ですが、、モチロンこれらも100円~200円 )

L7050353103 おかわりはウイスキーをロックでもらいます(200円)、アテはシラスおろし(100円)。

トリスウイスキーが、PETボトルからゴボゴボと大きめグラスに注がれます。氷少なめが、またいい。。

ちなみに、このウイスキー3杯(約500ML)のアルコール含有量を、ビールで飲めば5リットル弱。

beer14本分です(笑)

千ベロ(千円でベロベロ)とは作家の(故)中島らもさんの言葉ですが、この店は正真正銘、千ベロ可能です。

例えば、、

ウイスキー3杯(200円×3)+おつまみ3品(100×2、200円)=千ベロ

赤羽「いこい」など激安の立ち飲みは結構知ってますが、こちら【京】のコスパには驚愕です。

たまには、こういうお店も楽しいですねぇ。

っということで、私もベロベロで終電を目指します。。。

川口の夜のとばり

L70503421003

(おわり)

【京】JR川口駅 東口 そごう左脇道入ってすぐ

| | コメント (1) | トラックバック (0)