« 「岸田屋」(月島) | トップページ | 「カブト」(新宿) »

「大島や」(月島)

9/4(土)その①

出勤日の土曜日、早めに仕事が片付いたので今夜は月島へ呑みに出ました。

月島好きで、この地をメインに酒場めぐりされている酒友(M氏)に合流させていただき、名店ひしめく月島呑みのスタートです。

一軒目は駅からすぐの【大島や】さんです。吉田類さんを通じて知り合って以来の酒場仲間、M氏の行きつけとのこと、とても心強くそして楽しみです。

688

【大島や】さん到着です。

693まずはキャッシュオン方式の会計に備え、コイン皿の下にとりあえず千円ずつお札をおきます。

2軒隣の老舗の酒屋さん、『大島屋』の息子さん夫婦が経営する立呑み【大島や】、30代とお見受けする店主がお店を開かれて10年そこそことのこと。

最近、昭和レトロ『風』な店が多い中、こちらのお店は本物の風情を感じさせる味わい深いつくりです。

飲み物はホッピー(400円)から。3冷しかもシャリキン(焼酎がフローズン)です。

689

それではメニューをじっくり拝見しましょう。。

707

708

豊富なメニューはいわゆる角打ち(酒屋併設の立ち飲み)の枠を超え、旬の食材をヒトヒネリしたものばかり、しかも安い。呑ん兵衛心を知り尽くした、この品揃えセンスには脱帽です。

この月島の地で、名酒場や酔客の嗜好を見ながら育ったであろうマスターの感覚、お若いのにサスガです。

まずは冷やしトマト、豚肉とオクラのカレー炒め(250円)をもらいます。

691

こくこくと3冷ホッピーを頂き、続いてオカワリは、こちらもシャリシャリの3冷黒ホッピーです。

695

鳥ささみの辛味野菜ポン酢(250円)。今日も暑かったからサッパリと。キンキンの黒ホッピーで流し込みます。

700

いい感じ酔ってきた所で、そろそろ日本酒にシフトです。

さすが酒屋さんだけに豊富な品揃えのお酒から菊水を選び、ヒヤでもらいます。

ダブル表面張力。。696

705 アテにはナスの肉味噌チーズ(300円)。アツアツで美味です。

菊水辛口はツマミの相性に関する守備範囲が広く、しっかり好く合います。

15人程キャパの店内は地元の常連さんで占めていますが、常連さんだけで盛り上がってる風でもなく、一見客も落ち着いて居心地良く呑める空気感が漂っています。

小一時間の滞在。お客さんも一巡して店内は静かな雰囲気に。この古時計がまた渋いです。

701_2

常連の70代のお父さん。ボウタイにベレー帽がお洒落で呑み方もスマート、素敵です。

昔の月島の様子など、いいお話しをたくさん聞かせて頂きました。

709

さて土曜の夜20時。

店、酒、つまみ、人・・・立ち呑み【大島や】さんには大満足。

月島では比較的新しい酒場ながらも、【大島や】がこの地を代表する名店の一つに数えられる所以がわかりました。

今宵も好い酔い加減で、さて2軒目は、、もちろん【岸田屋】さんへ向かいましょう。

つづく

【大島や】月島駅 (大江戸線・有楽町線 徒歩1分)

東京都中央区月島1-4-1

03-3531-1331

17:40~22:00

日 祝 休み

食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13028725/

|

« 「岸田屋」(月島) | トップページ | 「カブト」(新宿) »

月島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1334975/36652081

この記事へのトラックバック一覧です: 「大島や」(月島):

« 「岸田屋」(月島) | トップページ | 「カブト」(新宿) »