« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月

「富士屋本店」(渋谷)

8/24(火)

ただいま編集中です。

間もなくの公開です。

| | トラックバック (0)

「高木」(西巣鴨)

7/24(土)

週末の土曜日、今日はもつ焼きの老舗店、西巣鴨【高木】へ。一年ぶりの訪問です。

大正11年(1921年)創業、90年の歴史をもつ、都内でも有数の古典酒場です。20103_291風格のある暖簾をくぐり、重厚な引き戸を開け入る瞬間には、何だか自然と背筋がぴりっシャンっとします。

【高木】さんは昨年夏、2代目のご主人が他界され、現在は3代目の店主が、お店を営まれています。

斎藤酒場のレジ横常連さん席にて、時々ご一緒する私の酒場友達が、偶然にも今のご主人と学生時代からの親友とのことで、昨夏に続き今回も座席を確保して下さり、ほかに下町飲み仲間も3名集まり楽しい酒宴が始まりました。

最寄駅西巣鴨ではなく、板橋駅から15分の徒歩ルートで来たので、喉もカラカラ、まずはビールで喉を潤します。20103_294

そして【高木】名物の煮込みを貰います。お好みでキザミ玉葱をのせます。

20103_293

しっかり下処理された豚もつが秘伝のスープでじっくり煮込まれ、旨みたっぷり。

続いて、焼き物は、アブラとシロをタレでいただきます。

20103_298

絶妙な焼き加減のモツに、代々注ぎ足された秘伝のタレが絡んで、こちらもゼッピンです。

ビールの次は、何といってもこれ。【高木】名物「牛乳割り」です。50年前に常連さんの要望で始められたメニューらしいです。

20103_300昔懐かしい瓶入りの明治牛乳と、なみなみと注がれた焼酎とをお好みで割ります。

瓶の牛乳、コップの焼酎、ブレンドする為のコップ、全てキンキンに冷えています。「3冷ミルク割り」と名づけましょうか。。

煮込みやモツ焼きを頂きながらの牛乳割りは、本当によくマッチしてコクコクといくらでも入ります。

牛乳の飲み口がマイルドなので、焼酎はほどほどの適量にしないと、酔いが突然来てしまいます。

要注意です。。

メニュー、品書きはこんな感じ。20103_301

昨年他界された先代ご主人のお兄様は、声優の故・高木均さんとのこと。
「ムーミン」パパや「銀河鉄道999」のナレーションで活躍された名優です。

さて、店内はといえば、地元の常連さんでいつの間にやら満席です。20103_303

常連の皆さんは自由に寛ぎつつも、長年の歴史に培われた、このいい意味で張り詰めた空気を、無意識の中で尊重しながら呑まれている印象です。

混雑も一段落して、バイトのお姉さんもちょっとひと息。

20103_307

焼き場です。数十年間注ぎ足しで使い込まれた秘伝のタレのカメです。

20103_310

さてさて、煮込み、焼きとん、牛乳割り、味わい深い店の雰囲気、と良い事ずくめの素敵な時間を過ごせました。

20103_311

それでは、人の好いマスターにご挨拶をして、そろそろお勘定です。

今宵も好い酒です。2軒目は東十条「花ぼっくり」へ向かいましょう。

【花ぼっくり】は既載店なので割愛します・・。

(おわり)

【高木】 西巣鴨駅徒歩7分 板橋駅徒歩15分

東京都北区滝野川7-47-1
03-3916-1750

17:00~22:30(L.O)
日曜・祝日
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13023630/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »