« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

「丸健水産」(赤羽)


5/15(土)

今日は東十条の居酒屋【花ぼっくり】の開店2周年パーティーです。

17時からの開始が待ち切れず、早めに家を出て赤羽の練り物屋さん【丸健水産】にて独りゼロ次会をスタートしました。

気軽にちょこっと昼呑みや、すぐ近くの名店【まるます家】の席待ちなどに便利な【丸健水産】、

一か月ぶりの訪問です。

Photo まだ午後3時過ぎだというのに、皆さんガンガン呑んでます。

Photo_2さすが練り物屋さんです。バリエーション豊かなおでんダネがぎっしり。

では早速おでんをいただきましょう。

Photo_3ご存じない方も多いのでお知らせしますが、お勧めは「おでんセット」です。

お任せおでん5点と好きな飲み物(ビール、カップ酒ほか)のセットで700円 はお得ですね。

スーパードライで喉を潤して、さて次は日本酒をもらいましょう。

Photo_9




ここはやはり、こちら赤羽のお酒、

「丸眞正宗」(マルカップ)

でしょう!







Photo_4

きりっと冷えた、丸眞正宗にアツアツのおでんがバッ チリよく合います。

おでんの具材もさることながら、澄んだお出汁の上品な味わいが素晴らしいです。

王子の【平澤かまぼこ】もよく伺いますが、大阪出身の私にはこちら【丸健水産】のお出汁の方が合うみたいです。

バンダナ姿の気のいいお兄さんにお薦めを聞くと、「新玉ネギ天」が季節限定メニューで「ぜひ!、」との事。シャキシャキの食感を楽しんでもらうため、注文を受けてから出汁に投入するらしいです。

Photo_5

これから居酒屋さんの食べ放題のパーティーに向かうので、今日はガマンします「新玉ネギ天」・・。

お店の奥ではオヤジさんが新鮮な大根をザクッザクッと切っていらっしゃいます。

そのリズミカルなまな板音が、昼酒の酔いを更に心地よくさせてくれます。

Photo_7 さて、お天気の昼下がり、おでんをアテにビール、日本酒といただき素敵な小一時間が過ごせました。

笑顔が良くて、気配り最高のいつものバンダナ兄さんに挨拶をして【丸健水産】をあとにします。

お会計は、おでんセット(700円)、丸眞カップ(300円)でジャスト1,000円でした。。

明るい時間のOK横丁をぶらり

Photo_8 おそらく数時間後、帰り一人で寄り道するであろうOK横丁をゆっくりと歩き、今日の酒場ルートをイメージします。

東十条【花ぼっくり】のパーティー開始までまだ1時間あるので、ここ赤羽から東十条までゆっくり歩いて向かいましょう。

(おわり)

(結局この日行った店)

丸健水産(赤羽)→花ぼっくり(東十条)→斎藤酒場(十条)↓

LIFE(赤羽OK横丁)→龍龍(赤羽岩淵)

【丸健水産】 赤羽駅北改札東口徒歩3分
東京都北区赤羽1-22-8
TEL: 03-3901-6676
営業時間: 9:00‐21:00
第3水曜日 休み
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13008755/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「さくま」(東十条)

5/1(土)

ゴールデンウイーク初日、今日は下町酒場の人気店に開店直後の口開けから入ってみます。
東十条駅から徒歩5分、魚と煮込みが抜群に旨い名店【さくま】、2ヶ月ぶりの訪問です。
地元の常連さんで、他店でも時々ご一緒する呑み仲間もお二人合流して、明るい時間からの楽しいオヤジ呑みが始まりました。

20103_115
キンミヤの一升瓶が、

ドッカンと2本並びます。

常連さんご用達の連名ボトルを戴いちゃいます。。

帰りには、新しいキンミヤを、

一升入れて帰りますからね。。














キンミヤをホッピーで割り、オヤジ3人で乾杯です。

充実したメニューから肴を選びます。

20103_111_2   

ぷりぷりピカピカの青柳です。

20103_110_2

これは、はずせないゼッピン「とろぶつ」(600円)。お寿司屋さんだと、お値段2倍以上はしますね。

20103_114_2

今日は暖かい日ですが、目の前でグツグツと煮える、とろとろの煮込みを見ていると、どうしても頂きたくなりました。。

20103_109

20103_117これが【さくま】名物「煮込み」です。

【さくま】の旨い肴で、お酒のほうも進み、気がつくとカウンターの上はスゴイことに・・・。

20103_118

【さくま】は仕入れに拘った鮮度抜群の魚を、安く提供してくださる素晴しいお店です。

昭和から長く続く素朴な店構え、集う常連さん達のかもし出す空気感・・、【さくま】のコの字カウンターに座ると、「これぞ下町酒場!」という風格さえ感じてしまいます。

(ただし、女将の朗らかさと明るさで、店内の雰囲気はいたってフレンドリー)

こちらのお店は、2代目の旦那様と女将さんの仲良し夫婦で営まれていたのですが、実は昨年(H21年2月)旦那様が50代前半と言う若さで突然他界されました。その後、急きょ先代のお父様が手伝われたりされながら、地元の常連さん達の熱い応援もあり、現在は明るく気丈な女将さんがお一人でお店を切盛りされています。

また、息子さん(佐久間貴之さん)は2008年度学生相撲全国大会で優勝されました。時々カウンターの片隅で食事をされていますが、近い将来、亡き旦那さんの遺志を継ぎ、お母さん(女将さん)と一緒に【さくま】を支えていかれる事を、心から待ち望んでいます。

さてさて、、
おっさん3人の夕方呑みは、ますますボルテージが揚がり、明るかった外はもう真っ暗です。

女将さんの優しい笑顔に見送られ、それでは2軒目【野豚】に向かいましょう。。。
20103_121

酔いもまわり、お店の看板写真が撮れませんでした(笑)

2軒目【野豚】は、このブログでの既出店なので、掲載は割愛します。

(っというか飲み過ぎて無理でした。。。)

(おわり)

【さくま】東十条駅 南口徒歩5分 陸橋下って右へ。

東京都北区東十条 1-21-3
03-3914-7900
16時-22時
日、祝 休み

食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13054131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やまがた」(渋谷)

4/28(水)

GW直前の今日は、同郷の友人M氏と渋谷で呑むことにしました。

料理が旨い居酒屋【やまがた】3か月ぶりの訪問です。

134

お世辞にも綺麗とは言えないお店ですが、山形の郷土料理を中心とした豊富なメニューが自慢の人気店です。

113まずは、お約束の生ビールからスタートです。

こちら【やまがた】、ほとんどの料理が500円以下で、質、量とも素晴らしい内容です。

では、一気にお料理を紹介します。

119まずは、なまこ酢をもらいます。漬けこんで下味を付けたナマコ酢は、ここ【やまがた】のオリジナルメニューです。

121おろしたてのアジ刺し。

120定番ポテトサラダ。優しい味に仕上がってます。

116_3  カキバター炒め。火が入っても痩せない、ぷっくりプリプリの牡蠣。ゼッピンです。

123タコ酢です。こちらも新鮮。見ての通り、ふつうのタコとは違います。

132熱燗、大徳利(500円)。

127厚揚げ卵とじ。フワフワの豆腐が、カリッと揚げられ、卵でふんわりとじられています。

上品なアマカラ味に玉ねぎ、そして葱。白いご飯が欲しくなります。

130  箸やすめに、もろきゅう。 きゅうりもモロミもツヤツヤ。作り置きしてないのが分かりますね。

115_3 

狭い間口のお店ながら、奥は広くなっていて、

テーブル席、お座敷席合わせると、

相当の人数が入ります。

いつの間にか超満員です。

渋谷には数えきれないほど沢山の居酒屋さんがありますが、いざ何所に行こうか~となると結構迷います。

料理、値段、雰囲気、バランスのとれた店はありそうで、なかなかないですから。

私にとってここ【やまがた】は、気のおけない友人との飲み会や、人気店が満席で入れない時などに、けっこう重宝しています。

店舗は、ここマークシティーのほとりの道玄坂店と、ほかに246を桜丘方向に渡ったガード下に同じ看板の姉妹店があります。

渋谷にいることを忘れてしまう、下町酒場の風情を味わいつつ、ゆっくりと3時間ほどを過ごし、今日はここ一軒にてお開きです。

(おわり)

【やまがた】 渋谷駅

東京都渋谷区道玄坂1-6-5

03-3464-8877

16:00~24:00

無休

食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13020075/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「根室食堂」(渋谷)(移転しました)

4/24(土)

毎月末の土曜日の夜は渋谷東急プラザにて吉田類さんのセミナー(詩、俳句、そしてもちろん酒)を受講しています。(2010年1~6月)

そして受講日の今日、夕方少し早めに渋谷に到着したので一軒寄ってみることにします。

【根室食堂】です。

088 下町酒場ではありませんが、驚くほど刺身がうまいお店です。

074_2 夕刻の明るい時間からいただく生ビール。タマリマセン。。

トコロ狭しと壁に張られた品書きから注文を選ぶのも楽しいものです。

076_2

083_2

そんな中から、本日のサービス「ごそカレイ」をもらいます。

見ての通り、ふつうの居酒屋さんのレベルは超えてます(これで380円)

080

さばきたての白身は、ぷりぷりピカピカ、歯ごたえもあり最高です。

続いて塩辛(350円)をいただきます。

084

こちらも、ごらんの通り、イカの鮮度も味も言うことナシです。

渋谷マークシティのすぐ横という地の利もあって、夜になると超満員の人気店ですが夕方のこの時間だと、のんびりと貸し切り状態です。

077

根室のお酒「北の勝」を熱燗で頂きながら塩辛をつつきます。

そして、ゆるゆるとした好い時間を過ごします。そうそうこれから吉田類さんの講座だと我に返りました。

講座中もお酒が出るし、終了後は類さんたちとの打ち上げ会もあるので、ここはこの位にしてセミナー会場、東急プラザに向かいます。

下町酒場の風情は無いものの、立呑み屋のレベルを超えた肴を戴ける【根室食堂】。

近々あらためて伺い、北海の海の幸とお酒をゆっくりと味わってみたいと思います。

(おわり)

追記・・・移転しました。

【根室食堂】 渋谷駅(マークシティ北道路に面している道路の角地のビルです。)

渋谷区道玄坂2-6-7
TEL:03-3794-1933
15:00~24:00 金土は1:00まで

日・祝日も営業

食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13008401/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »